自然消滅 復縁

自分から振った相手とやり直したい! きっかけはこう作ろう

大好きな人と別れてしまった。あんなに楽しい時間を過ごしていたのに、もう会えない。それは、どんなに辛いことでしょう。その上、そういう事態を招いたのが自分だったとしたら、後悔する気持ちは何倍にもなりますね。

自分から振った相手とよりを戻したいなんて、そんな勝手なことは言えない、そう思っているかもしれません。でも、別れという形になるには、それだけの理由があったのです。悪いのはあなただけではなかったはず。自分を責めてためらったりせず、積極的にやり直せる方法を探してみましょう。基本的に降られた側からすがるより、振った方から求める方が復縁の可能性は高いのです。

鉄は熱いうちに打てと言います。まずはジャブを繰り出しましょう。相手がどんなふうに思っているかを探るのです。メールで、謝罪をしてもう一度会ってもらえないかどうかを聞いてみるのです。相手がまだ怒っていたり、返事をくれなかったりしたら、いったん引きます。でも、黙ったまま引き下がってはだめですよ。ちゃんと、相手の怒りを受け入れて、もう一度謝罪し、会う気になったら連絡してくれるようにお願いするメールを入れてから、引き下がりましょう。

次は少し時間をおいてのアプローチです。メールや手紙や電話などを使ってはいけませんもう一度れんらくをしているので、何度もしつこいと思われたら終わりですから。あなたの気持ちがそれとなく伝わるようなやり方を考えてみてください。

例えば、共通の友人を通して、「〇〇が元気がなくってさ。お前のことを忘れられないみたいだ」などと、あなたがまだその人を思っているらしいということを、それとなく伝えてもらうというのは、古典的ですが、有効です。相手の人が、あなたの不在をさびしく思っていたら、それで復縁への道が開けることになるでしょう。

彼が前から欲しがっていたものをプレゼントするという手もあります。「偶然見つけました。あなたが欲しがっていたのを思い出したので」くらいの短いメモをつけて、郵送してももいいし、知り合いを通して渡してもらってもいいでしょう。ただし、あまり高いものは気持ちの押し付けになってしまいますから、避けてください。

それでも何の反応もなかったら、最後は、しっかりと相手の目を見て、あなたの気持ちを伝えるしかありません。あなたがまだその人を思っていることを知りながら何も言ってこないというのは、二つの理由しかありません。まだ、振られた怒りや痛みがおさまらないか、あなたにもう気持ちがなくなってしまったからです。

後者の場合はあきらめるしかありませんが、前者の場合は、あなたの心からの謝罪と熱い思いが効果を発揮するはずです。真心を込めて真摯に謝り、戻ってきてくれるように頼みましょう。あなたへの愛が残っていれば、きっと復縁は叶います。

復縁したいけど不安!確率を上げるために今すべきこと

1から10までの数字を書いた二組のカードをそれぞれ一枚ずつめくっていくとき、同じ数字がでる確率がどのくらいか、知っていますか?簡単ですね、10分の1です。では、2回目に同じ数字がまた出会う可能性は?何と100分の1に下がってしまうのです。

同じ人ともう一度やり直せる確率というのは、それと同じくらい低いともいえます。こんなに好きなのに、復縁できる確率がそんなに低いなんて、辛いですよね。

でも、これは、単なるカードの遊び、人間には“心のあや”というものがあります。それ次第で、確率は高くも低くもなります。それでは、復縁の確率を上げるためにあなたがするべきことはなんでしょうか。

逆説的な言い方になりますが、一度、復縁したいという気持ちを忘れることです。そんなことできないと思うかもしれませんが、努力しましょう。心から復縁を願っているあなたなら、一度は自分の気持ちを伝えているはず。拒否されたら、それはまだ機が熟していないのです。どんなに辛くても、これ以上、すがっていくのは止めましょう。「このまま、二度と会えなくなってしまったら」「ほかの人を好きになってしまったら」そんな不安が次々と襲ってくることでしょうが、ここはぐっと我慢です。

二人でいた時間が空いてしまったら、ぼんやりしていても仕方ありません。自分を高めるために使いましょう。エステに行くのもいいし、運動をしてシェイプアップに励むのもいいでしょう。きたるべき、二度目のチャンスのために、はっとさせるほど、すてきになるのです。別れた人が、もう一度恋をするようなあなたになって下さい。

磨くのが外見ばかりではいけません。復縁した後にまた別れを繰り返さないように、内面の向上にも心を配りましょう。彼が好きな事や興味が持っているものへの知識を増やすのも効果的です。会話の中で相手がふっと漏らした一言に的を射た言葉を返せたら、あなたへの評価は上がります。

そして、空いた時間に考えることのもう一つは、復縁ができた後のイメージを描くこと。どうしたら二人が幸せになれるのか、あなたがどこをどう直せば、二人の関係が元に戻るのか、ちゃんと考えておきましょう。復縁することが本当に二人の幸せにつながるのかも、ここでもう一度しっかり自分に聞き返しておくことも必要です。

冷却期間を十分に取ったら作戦を練りましょう。自然な形で出会うのが一番いいやり方です。彼がよく行くお店や、二人とも好きなアーティストのコンサートなどで偶然の出会いを演出してみてください。ただし、すぐに復縁を迫るようなことをしてはいけません。向こうにあなたを思い出させ、また会いたいと思わせるのが、この出会いの目的です。

そして、そのあと、しばらく時間をおいてから、ゆっくりとアプローチをしてみてください。やみくもに復縁を迫るよりはぐっと成功の確率が上がりますよ。

失恋した相手との復縁を願っているあなたへ、やり直すためのコツ

復縁したい、そう願うならまず考えなくてはいけないことがあります。

あなたはどうして復縁したいですか。さびしいから?大好きな人が他の人と一緒にいるのを見るのが嫌だから?自分を振るなんて許せないから?自分の気持ちをしっかり見つめてください。そこからすべてが始まります。

復縁するというのは簡単なことではありません。気分的に辛いばかりでなく、長い時間がかかることもあります。あなたの答えが、「愛しているから」以外なら復縁はきっぱりとあきらめてください。案外プライドが傷ついたというような気持ちから安易に復縁を願っている場合もあるのです。

「愛しているから」という答えが出ても、すぐにアクションを起こしてはいけません。今迄の二人の関係を見直してみましょう。

どうして別れることになったのですか?あなたのわがままが過ぎたのなら、わがままを抑え、相手のために生きようと心に誓ってください。相手に他に好きな人ができたのなら、魅力的な自分になる事を決意してください。なぜうまくいかなかったのかをきちんと把握して、二度とそうならないようにしなくてはなりませんが、単に足りないところを埋めるような消極的な姿勢ではいけません。新しい関係を作るには、相手に「好きだ」と思わせるような何かを手に入れなくてはいけないのです。もっと素敵なあなたになると心に決めましょう。

次に、復縁した後のことを考えてみてください。どういう関係になりたいのか、イメージを思い描くのです。結婚したいのか、ただ、関係を楽しみたいのか、答えはいろいろあるでしょう。大事なのは、描いた未来図を相手も望むのかということです。独りよがりではいけません。復縁は一人ではできるものではないのです。相手の身になって考えることが幸せな復縁への大事な一歩です。お相手のことを一番知っているのはあなたです。二人が幸せになれる未来はそこにありますか?あると答えが出たのなら、ようやく復縁への第一歩を踏み出せます。

まずは、相手にコンタクトを取りあなたの気持ちを伝えます。そこで拒否をされたら、それ以上しつこくしてはいけません。一歩引いて、次のチャンスを待ちましょう。

どんな別れ方でも、別れはお互いの心に深い傷を残します。傷が癒える時間を待ちましょう。そして、十分な時間がたち、時期が来たと思ったら、行動を起こしましょう。

やり方はいくつかあります。二人きりでなく、共通の友人などを通して、仲間で一緒に合うチャンスを作るのもいいですね。そこから新たな道をスタートできます。

共通の友人がいない場合は偶然の出会いを演出します。ばれたとしてもいいのです。「ごめん、どうしても会いたくて」と素直に伝えられたら、そこで十分気持ちが伝わります。

どんな方法で会うにしても、決して、泣いたり、責めたりしないで、幸せへの予感を感じさせる明るさで接すること。それが復縁へのコツです。

もう一度やりなおせる?別れ方でわかる復縁の可能性

別れた彼と復縁できる可能性はどのくらい?もう一度やり直したいと強く願っているのなら、それが一番知りたいことですね。でも、復縁と一口に行っても、別れ方やそれぞれの状況が全く違うので、なかなか、割り切った数字を言うことは難しいのです。

でも、別れ方による復縁の可能性の差ということなら、少し具体的なお話ができます。では、どんな順番で、どういうやり方なら復縁がしやすいのか、例を挙げながらお話ししてみましょう。

例えば、喧嘩別れをした場合。これが、一番戻りやすい別れ方です。大げんかの末にたたきつけるように別れを告げた相手なら、まだ思いが残っている可能性が高いのです。ケンカしてから間がないのなら、「ごめんね」と謝罪の気持ちをメールにしてみましょう。それだけで、元に戻れる場合も少なくありません。でも、答えが返ってこなかったら、まだ、怒りが収まっていない証拠。少し冷静になる時間をおいて、今度は、会いに行ってみましょう。しょげ返ったあなたの姿を見せれば、彼の心も和らいで許してくれるのではないでしょうか。

浮気をしてしまったけれど、やっぱり、彼が好き。意外に思う方も多いかもしれませんが、この場合の復縁の可能性は決して低くはありません。好きな気持ちは簡単には変えられないからです。では、どうすれば許してもらえるのか?これは、もちろん、メールではすみません。やはり、顔を見ながらきちんと心を伝えるしかありません。そうしたいけど、会ってくれないという時は、思いを手紙にしてみましょう。心を込めて、一番好きなのはあなたですと伝えることです。彼の心を動かすのは、真心しかありません。

彼の方に好きな人ができてしまったケースは、少し難しいですね。下手に出ても、離れた気持ちは簡単に戻っては来ないものです。ここは、時間をおいて、自分の魅力を高めることに努めましょう。しばらくして、彼の心を動かすほど素敵なあなたになって会いにいくのです。もともとは好きだった相手です。記憶にあるよりずっと魅力的なあなたを見たら、心が動かないはずはありません。相手がだれであれ、あなたと別れるきっかけになったような最初の情熱はいつまでも続くものではないのです。彼があなたの魅力を忘れられなくなるくらい、自分を磨いてみましょう。

遠距離恋愛でいつの間にか心が離れてしまったというような場合はさらに可能性が下がります。離れていてさびしいというだけでは、恋はめったに終わらないからです。別れにつながるのは、ほとんどの場合、相手に好きな人ができてしまうから。これは上のケースに加えて距離的な問題が加わる分、よけい厄介なのです。彼にまだあなたへの気持ちがあるならば、思い切って距離を縮める方法をとるしかありません。

いずれの場合も、復縁の可能性を上げるのは、あなたの知恵です。状況をよく考え、判断して、一番いい方法を見つけていってくださいね。

効果的?それとも逆効果?復縁を成功させるための手紙の書き方

復縁するために手紙を書いた特集!!別れた相手ともう一度復縁したいと思ったら、どうやってその気持ちを伝えるのが一番いいのでしょう。

メールというのは、一番簡単な手段ですが、真剣な気持ちは伝わらないかもしれませんね。電話もいいけれど、売り言葉に買い言葉となって帰って事態を悪化させかねません。会って話すためには、まずは連絡を取らなくてはなりませんが、そこでいやだと言われたらおしまいです。

そこで、有効な手段として登場するのが手紙です。

でも、手紙ってちょっと重くない?逆効果になりそう。そんな声もありますね。でも、幾度も読み返すことのできる手紙は、実はとても有効な手段です。では、相手に重く感じさせない、効果的な手紙を書くためにはどうしたらいいのでしょう。

1.長すぎる手紙はNG
あなたがどんなに相手を好きで、別れがつらくて、復縁したいという気持ちを強く持っていたとしても、それをすべて手紙に長々と書き連ねてはいけません。相手の気持ちを引かせるだけです。

2.書き出しは素直な気持ちで近況を
「ペナントレースが終わりましたね。巨人ファンの〇〇はきっと喜んでるだろうな」というような何気ない日常を伝える言葉から始めましょう。「あなたを忘れられません」などとは絶対に書きださないこと。初めから読む気をなくします。

3.大事なことは正直に、
別れた後、あなたが反省したこと、あなたにとってどれほど相手が大事な人であるかが分かったこと、謝罪があれば謝罪の言葉を、できるだけ簡潔に、正直に書きましょう。同じことをくだくだと繰り返したり、自分がどれほどつらいかを長々と書き連ねたりしてはいけません。相手への思いと復縁を願う気持ちを率直に伝えてください。

4.締めくくりは相手への思いやりを言葉にして
「読んでくれてありがとう」「前に話していたお仕事がうまくいくように願っています」「体を大切にしてね」など、相手の状況への思いやりや、感謝の言葉で締めくくるようにしましょう。読んだ人に温かい余韻が残るような言葉が見つかるといいですね。

5.必ず手書きで
字が下手だからとパソコンで打ち出すなんて論外です。手書きなら何でもいいわけでもありません。書きなぐったり、間違った箇所を塗りつぶしたり、汚い手紙も論外です。ゆっくりと心を込めて、丁寧に書きましょう。間違えたら、1,2か所なら修正道具を使うのもいいでしょう。たくさん間違えたら、書き直しです。ここ一番の大事な手紙、あだやおろそかにしてはいけません。

6.便せんは、あなたにふさわしいものを
正式な手紙は白い便箋と言いますが、心を伝える手紙なのですから、一番あなたらしいものを選びましょう。柄があっても構いません。

7.宛名書きにも心を込めて
手紙を書き終わったからと言って安心しないで。封筒は一番初めに目に触れるものです。宛名も丁寧に書きましょう。

復縁したらもう別れを繰り返したくない! それならここに気を付けて

復縁したけど、また別れてしまったという話は意外とよく聞きます。復縁を何度も繰り返した挙句、結局は別れたという話の方が、最後は結ばれて幸せになりましたと言う話より、確かにだいぶ多いですね。

なぜでしょうか。

それは、いつの間にか二人の間に一つのパターンができてしまっているからです。ちょっと振り返ってみてください。別れを言い出すのはどちらの側ですか?大概の場合、言い出すのは同じ人で、原因も似たようなことが多いはずです。別れを繰り返さないためには、このパターンをまず変えなくてはいけません。

同じことを繰り返すのは時間の浪費です。どこかで、もうお付き合いが終わっても仕方がないという覚悟を決めて、二人の間に変化を起こさなくてはいけません。

たとえば、あなたがいつも復縁を迫る側なら、相手には「そのうち戻ってくる」という、あなたを侮る気持ちがどこかにあるはず。そんな人には、覚悟を決めてしばらく放っておくというのが、手段の一つです。あなたが不安におびえるのではなく、相手を不安にさせるのです。あなたがもう戻ってこないかもしれないと思った時、むこうがどう出てくるのか、そこで、この恋愛が結局はどうなるのかということへの結論が出ることでしょう。

逆に、いつもむこうから復縁を迫られて戻るという形なら、あなたは、本当は相手のことをどう思っているのかを、真剣に自分に問い直してください。心の底から、彼の、あるいは、彼女のことを好きですか?相手が何度も繰り返し付き合いたいと言ってくるから、何となく元のさやに納まっているというのなら、あなたは、自分の時間も相手の時間も無駄にしていることになります。もっと素敵な相手に出会えて楽しい恋愛をするチャンスを互いに奪い合っていることになるのですから。本当に好きだという結論が出たら、今度はあなたからやり直そうと伝えてください。二人の関係に、何らかの形で変化が起こるはずです。

いつも自分から別れを言うくせに、すぐに復縁を迫る人は、心に不安を抱えています。相手の愛が信じられないのです。だから、つい怒りをぶつけ別れを口にしてしまうことになります。でも、いざ別れてしまうと、本当は相手を好きだからやっぱり元に戻りたいとすがってしまうのです。もしあなた自身がこういうタイプなら、自分の生活を充実させましょう。まずは自分に誇りを持って、自分が相手にふさわしい人間だと信じてください。プライドを持つことがお付き合いを長続きさせることにつながります。

大事なことは、同じことを繰り返さないと決意をすること。別れと復縁を繰り返すうちに深まる絆はありません。むしろ、そのたびにほころびが少しずつ広がっていくものなのです。

喧嘩別れした彼と仲直りしたい!するべきこととしてはいけないこと

喧嘩別れをした彼とやり直したい。そう思うケースには、主に二つの場合があります。

今迄仲良くやっていたのに、たった一回の喧嘩が別れにつながってしまった時。そして、もう一つは、これまでに何度もけんかを繰り返した挙句、ついに別れに至ったケース。

前者の場合は、比較的やり直しがきくものです。お互いに腹を立てているときは、何があっても許せないという気持ちでいますが、落ち着いたら、楽しかった時間を思い出したりして、「喧嘩なんかしなければよかった」と思うことが多いもの。まず、やり直したいと思った時点で、ごめんなさいという意思表示をしましょう。心配するより動いてみることです。別れの原因がけんかだけなら、必ず、やり直すことができます。

絶対にしてはいけないこと。それは逆切れ。謝るつもりで連絡したのに、相手の言葉に腹を立て2倍も3倍も強い言葉で言い返してしまう…そんなことをしたら、どんなにやり直したい気持ちが強くても不可能なことは考えるまでもありませんね。ぐっとこらえて、まずは仲直りをしましょう。堪忍袋というのをご存知ですか?心の中で、腹立ちをぐっとしまっておく場所のことです。腹が立ったら、「堪忍袋、堪忍袋」とそっとつぶやきながら、そこに怒りをしまって、その口をしっかりと心のひもで縛っておきましょう。一人になったら、口を開いて、壁に向かって発散させればいいのですから。

けんかを繰り返した挙句の喧嘩別れは、少し厄介ですね。彼にも、あなたにも、これまでの不満がいっぱいたまっているはず。彼が辛抱強い人ならなおさら、切れてしまうと振り返ってもらうことは難しいです。

まずは、自分のことだけを考えるのをやめましょう。彼がいなくてさびしい、一人でいるのは耐えられない、彼さえ戻ってきてくれれば幸せになれる、これはみんな、あなたの気持ちです。どんなにつらくても、自分の気持ちを一方的に押し付けるのは愛情ではありません。本当に復縁したいなら、自分の気持ちをひとまずおいて、相手の身になって考えてみましょう。

彼の言葉に耳を傾けてきましたか?自分の思いばかりを優先してきませんでしたか?どうすれば、あなたと付き合っていることで彼が幸せになれるのかを考えてみてください。しばらくの冷却期間を置いた後、あなたが自分を振り返ってわかったことをしっかり彼に伝え、謝りましょう。メールではだめです。簡便な手段ではなく、本当の気持ちが伝わるやり方を考えてください。

最後に、どんなに振り返っても自分だけが我慢をしてきたと思うあなた、その場合は復縁をあきらめた方がいいです。もっと、自分が幸せでいられる相手を見つけましょう。愛は一方通行では成立しないのです。

復縁したけど、長続きする?別れを繰り返さないための具体的な方法

復縁したけど、またすぐ別れてしまったというのはよく聞く話です。しかも、くっついたり別れたりを繰り返すことも少なくない。なぜでしょう?別れたのにもう一度、あるいは、何度もやり直せたというのは、お互いに愛情が強かったからのはずなのに。

それは、二人の間のパターンを変えられないからです。付き合っているうちに、慣れというのはどんなカップルにも出てきます。例えば、何かしてもらった時、最初のうちは嬉しそうに「ありがとう」と言っていたのに、いつのまにか何も言わなくなってしまうとか、まめに入れていた連絡を怠りがちになってしまうとか、なにかにつけ腹を立てて背中を向けてしまうとか、一つだけでは大した重みをもたないことが繰り返され、度重なってくると、「なあんだ、前と同じじゃないか、これならよりを戻さないほうがよかった。やっぱり別れよう」となってしまうのです。

復縁できたら、一番初めにやることは、別れに至った原因をよく考えて自分を見直すことです。相手が不満に思っていたこと、相手を不安にさせる自分の行動など、よく考えて箇条書きにしてみましょう。そして、次に、どうしたら直せるかを書いてみましょう。

例えば、こんなふうに。
1.仕事が忙しくてあってもらえない。さびしくてもういやだと言われた
→どんなに忙しくても1週間に一度は会う時間を作る。メールをまめにする

2.相手の提案をいつも否定して、結局は自分のしたいようにしてしまう。
→相手の意見をちゃんと聞いて3回に1回は言うことを聞く

「え~、何もかも相手に合わせるの?そんなのやってられない」――そんな声が聞こえてきそうですが、もちろん、そんなことはありません。本当の自分を隠して相手に合わせても、それこそ長続きはしません。そうではなくて、相手の気持ちを思いやって、どんなふうにしたら、幸せを感じてもらえるか、一緒にいると楽しい、いつも一緒にいたいと思ってもらえるかを見つけ、そのために自分ができることを増やしていくようにするのです。

次に、同じように自分のいいところを書き抜いてみましょう。

二人が付き合っていたのは、あなたに相手に「好きだ」と思わせる魅力があったからです。それを大事にしてください。相手に合わせるあまり、自分を失っては意味がありません。あなたはとても魅力的な、世界にただ一人の大切な人間です。自分を愛せない人間を人が愛してくれるわけはありません。

よりを戻しては別れるというようなことを繰り返さないコツ、それは、自分を大事にすること。そして、それと同じくらい、相手の人を大切に考えて、幸せにしてあげようと思うこと。その二つが、一番の秘訣です。

復縁の確率はどうして低いのか?確率を上げるために考えること

大好きだった相手と望まないのに別れることになったら、あきらめきれない、どうしてももう一度その人とやり直したいと望むのは当然のことです。

でも、別れた相手と復縁できる確率はそう高くはありません。だって、本当に好きだった相手と別れようと思うのは、そう簡単なことではないからです。気持ちの上では大きな壁を乗り越えて振り切ったのですから、それをまた後戻りするなんて言う気持ちに簡単にはないでしょう?

でも、実際に復縁してうまくいっている人もいる。それも事実です。では、低い確率を高めるためにはどんなことを心がけたらいいのでしょう。

1.まずは、相手の身になって考えること。好きだった相手なのに、どうして別れることになったのでしょうか?あなたがわがままだったから?会える時間が少なくて気持ちが離れてしまった?金銭感覚が合わなすぎた?離れていった理由をしっかりと把握しましょう。そして、相手の望みに自分が合せられるかどうかをよく考えてみてください。できると思えたら、復縁へGO!できないと思ったら、その時点であきらめてください。

2.相手に合わせて自分を変えられると思ったら、次に、相手に連絡を取りましょう。そして、復縁したいという真剣な気持ちを伝えてください。メールでも、手紙でも、電話でも、直接会うというのでも、構いません。一番自分が得意で、一番上手にわかってもらえそうな手段を探してください。そして、チャンスは一度だけ。しつこく繰り返しても相手の気持ちは離れていくだけです。たった一度に、かけてください。別れたけれど、あなたが何か言ってくるのを待っているという場合もあります。でも、あんまり重くなりすぎないようにね。

3.それがうまくいかなかったら、少し冷静になる時間を取りましょう。波状攻撃のように復縁を迫り続けても、かえって嫌がられます。3日、3月、3年という言葉がありますが、3年は少し長すぎるにしても、3月くらいは間を開けるのがいいと思います。不安だと思いますが、我慢してください。離れている間にあなたがいない寂しさを実感してくれるかもしれません。あなたの方にも見えてくるものがあるはずです。

4.離れている間に気づいたことを、言葉にして相手に伝えましょう。本当の気持ちは必ず伝わるものです。あなたが真剣に復縁を求めているのなら、相手もきっとわかってくれます。

復縁を願う上で一番大切なのは、相手の気持ちを思いやる心です。あなたに復縁を求められるのは、もしかしたら、お相手には辛いことかもしれない。そのことを忘れないで。
執念ではなくて愛情から願っていることに気が付いてもらえれば、真剣に考えてもらえるはずです。復縁の確率を上げるものは、何よりも、真に相手を大切に思い、幸せを願う心なのです。

AB型の女性が復縁するための方法を彼の血液型別に考えてみよう

AB型はクール。のめり込むような恋愛はしない。一般的にはそういわれていますが、実際は、AB型の女性は情熱を見せないだけ。本当は一途に相手を求めます。でも、表に出すのが下手なので、大好きな相手にも気持ちが伝わらなかったり、誤解されたりして、辛い思いをすることも少なくありません。失恋してしまったのは、きっと、あなたの気持ちがうまく伝わっていなかったから。それを踏まえて、復縁のアプローチの仕方を血液型別に探ってみましょう。

A型の男性は、女性をもてあそぶようなことはしません。一途ですが、反面、自分の思うとおりに相手に動いてほしいという気持ちも強いのです。ですから、A型の男性とよりを戻したいなら、AB型の自己主張は、少し控えなくてはいけません。彼がどんな女性を好むのか、これまでの言動から思い出して、その線に沿って自分を演出していきましょう。そして、会い続けられる方策を探り、変わったあなたを時間をかけて見せていってください。ゆっくりと彼の心を変えていくのです。

B型の男性は、重苦しいことがあまり好きではありません。しつこくすればするほど、気持ちは離れていってしまうのです。このタイプの男性は、笑わせたら勝ち。「あ、おもしろそう」と思うと、心が動くのです。ちょっと変わったアクセサリーや面白グッズを見つけてプレゼントしましょう。明るいメッセージを添えてください。間違っても、復縁を迫るようなメッセージを入れてはいけません。それで笑ってくれたら、今度は楽しいイベントに誘ってみましょう。気楽に繰り返していくうちに、自然な形で二人の間が復活していくに違いありません。

O型の男性は、包容力があると言われていて、きっと、AB型の女性には温かく守ってもらえていたという印象が強いですね。半面、独占欲が強いので、AB型の女性の自由さに業を煮やしてしまうことも多いのです。O型男性が求めるのは安心です。相手の気持ちや行動が見えていることがとても大切なので、復縁したいと思うなら彼への愛を正直に伝えてみましょう。彼が会ってくれるならそれが一番ですが、もしだめでも、メールや手紙で、彼を深く愛していること、落ち着いた関係をもう一度築いていきたいことを丁寧に伝えるのがいいやり方です。

そして、AB型の彼。同じ血液型ですが、このタイプが実は一番難しいのです。好きな間は一生懸命ですが、一度見切りをつけると、気持ちの方もさっぱり振り払ってしまうことが多いのです。謝ったり、懇願したりするより、偶然を装ったり、用事を作ったりして会いましょう。新しい出会いを演出するのです。そして、今までとはちょっと違うあなたの魅力を見せましょう。彼の新たな魅力も探して褒めてみることも大事。プライドの高いAB型は褒められるのが好きですから。あまりあからさまにならないように、効果的に褒め言葉を使ってくださいね。

<